<本社>愛知県知多市岡田字美城ケ根39-1

よくある質問

一口に葬儀といっても予算はどれぐらい考えておけば…?
葬儀に関するトラブルでもっともよく聞かれるのが「費用」に関することです。主な理由としては「葬儀費用は葬儀社への支払いだけ」ではないからです。葬儀には料理代や返礼品、お寺様へのお布施など様々な費用が発生します。あまり業者任せにせず、お見積の段階で疑問点を明確にすることが大切です。最近では、「葬儀一式30万円ぽっきり」といった謳い文句をよく目にしますが、オプションや葬儀費用に含まれないものを合計すると、結局、他社よりも費用が掛かった…など、よく聞かれる話なのでご注意を。
いつ、どこに何を頼めばいいのですか?
人が亡くなられたときには、まず死亡診断書をそえて役場に死亡届を提出します。そこで火葬許可書を受け取り、火葬場の予約をします。さらに、葬儀式場の手配や祭壇の設置などの準備をします。しかし、こうした一連の作業はすべて葬祭業者が代行いたします。チタソーでは24時間年中無休でお客様をしっかりとサポートいたしておりますので、どうぞご安心ください。
事前に準備しておくことはありますか?
1. 宗旨・宗派の確認
最近は自分の家がどこの檀家になっているか知らない方が増えています。菩提寺や付き合いのあるところがあれば連絡先を控えておくといいでしょう。
2.写真
いざというときに写真の無い方が多いようです。葬儀の準備という考えでなく日々の記録という意味で年に一度は写真を撮りましょう。加工・引き伸ばしは弊社が行いますので、服装や場所は気にする必要はありません。
3.葬儀規模の把握
葬儀となったら親戚がどのくらい集まるのか、自分の家族の付き合いはどれくらいの広さなのか、大まかに人数的な把握が必要となります。親戚や会社の連絡帳を作っておくと良いでしょう。
4.お手伝い人員
いざというときにお手伝いいただける方々のピックアップと、その窓口となる人の連絡帳(町内・友人・会社)を作っておくと良いでしょう。地域のしきたり等、無視できないものもありますので把握しておく必要があります。大まかに並べると以上のようになりますが、いずれにしても葬儀の準備と思わず常日頃の近所付き合いや家族内での会話というような生活習慣が大事になっているようです。例えばお墓参りやお寺に行ったことがないとか、町内のことは奥様にまかせっきりですとか、お父様の会社内外でのお付き合いの範囲とか、思い当たる方はもしもの時にお困りになられることが多いようです。
知多、東海、大府など、地域に深く根ざしたサービスをお届けしているチタソーでは、個々の慣例や習慣など、しっかりとアドバイスさせていただきますので、どうぞご安心ください。
なぜ、葬儀が必要なのですか?
本来、葬儀には決まったカタチというものがありません。葬儀を行う形式が、例えば宗教儀礼に則った形式であっても、無宗教形式であっても、重要なのは「大切な方をお送りする心」です。彼の人が生きた証を重んじ、「ありがとう」の言葉を贈るお別れの儀式。逝かれる人から残された方々への「命の伝達」こそが葬儀を行う意義なのではないでしょうか。
葬儀は家族だけでひっそりと行いたいのですが…?
「ご家族だけで静かな2日間を過ごしたい」―最近ではそんなお声も多く聞かれます。私たちチタソーではご家族やごく親しい方々だけで行うご葬儀を「絆葬」と銘打ち、ご自宅で葬儀を行う感覚で、お別れの時をお過ごしいただくための専用ホールを有しております。
  • よくある質問へ

よくある質問

一口に葬儀といっても予算はどれぐらい考えておけば…?
葬儀に関するトラブルでもっともよく聞かれるのが「費用」に関することです。主な理由としては「葬儀費用は葬儀社への支払いだけ」ではないからです。葬儀には料理代や返礼品、お寺様へのお布施など様々な費用が発生します。あまり業者任せにせず、お見積の段階で疑問点を明確にすることが大切です。最近では、「葬儀一式30万円ぽっきり」といった謳い文句をよく目にしますが、オプションや葬儀費用に含まれないものを合計すると、結局、他社よりも費用が掛かった…など、よく聞かれる話なのでご注意を。
いつ、どこに何を頼めばいいのですか?
人が亡くなられたときには、まず死亡診断書をそえて役場に死亡届を提出します。そこで火葬許可書を受け取り、火葬場の予約をします。さらに、葬儀式場の手配や祭壇の設置などの準備をします。しかし、こうした一連の作業はすべて葬祭業者が代行いたします。チタソーでは24時間年中無休でお客様をしっかりとサポートいたしておりますので、どうぞご安心ください。
事前に準備しておくことはありますか?
1. 宗旨・宗派の確認
最近は自分の家がどこの檀家になっているか知らない方が増えています。菩提寺や付き合いのあるところがあれば連絡先を控えておくといいでしょう。
2.写真
いざというときに写真の無い方が多いようです。葬儀の準備という考えでなく日々の記録という意味で年に一度は写真を撮りましょう。加工・引き伸ばしは弊社が行いますので、服装や場所は気にする必要はありません。
3.葬儀規模の把握
葬儀となったら親戚がどのくらい集まるのか、自分の家族の付き合いはどれくらいの広さなのか、大まかに人数的な把握が必要となります。親戚や会社の連絡帳を作っておくと良いでしょう。
4.お手伝い人員
いざというときにお手伝いいただける方々のピックアップと、その窓口となる人の連絡帳(町内・友人・会社)を作っておくと良いでしょう。地域のしきたり等、無視できないものもありますので把握しておく必要があります。大まかに並べると以上のようになりますが、いずれにしても葬儀の準備と思わず常日頃の近所付き合いや家族内での会話というような生活習慣が大事になっているようです。例えばお墓参りやお寺に行ったことがないとか、町内のことは奥様にまかせっきりですとか、お父様の会社内外でのお付き合いの範囲とか、思い当たる方はもしもの時にお困りになられることが多いようです。
知多、東海、大府など、地域に深く根ざしたサービスをお届けしているチタソーでは、個々の慣例や習慣など、しっかりとアドバイスさせていただきますので、どうぞご安心ください。
なぜ、葬儀が必要なのですか?
本来、葬儀には決まったカタチというものがありません。葬儀を行う形式が、例えば宗教儀礼に則った形式であっても、無宗教形式であっても、重要なのは「大切な方をお送りする心」です。彼の人が生きた証を重んじ、「ありがとう」の言葉を贈るお別れの儀式。逝かれる人から残された方々への「命の伝達」こそが葬儀を行う意義なのではないでしょうか。
葬儀は家族だけでひっそりと行いたいのですが…?
「ご家族だけで静かな2日間を過ごしたい」―最近ではそんなお声も多く聞かれます。私たちチタソーではご家族やごく親しい方々だけで行うご葬儀を「絆葬」と銘打ち、ご自宅で葬儀を行う感覚で、お別れの時をお過ごしいただくための専用ホールを有しております。
  • よくある質問へ